2012年02月18日

事件




現場は会議室ではなく、医王山麓。
怒涛の陸上教室4連チャンの折り返し地点。
医王山スポーツセンターへの行き道。



始まりは吹雪でした。
視界不良で時速30km以下。
途中地図を確認したのに、道を間違えるという(笑)
そしてハマりました。完全にハマりました。
手で雪を掘り起こしながらの20分間→後ろから除雪ブルドーザー登場→雪山が車の後方に出来上がる→民家のおじいちゃんに助けを求めにいく→前から対向車出現→完全に前後の身動きとれなくなる(笑)
まさかの事態。
テンパるどころか、諦めもつく(笑)


そっから40分くらいの闘い。
スコップで車周辺を掘り起こし-車を押して動かし--除雪ブルが雪山を隣の畑へと押しやり道をつくり---車を紐で引っ張り出す。



ここに一つのストーリーができました。
主役は道に迷った少女・綾。
彼女を助ける
古民家のおじいちゃん、
除雪ブルドーザーの運転手のアンチャン、
通りすがりの対向車のオッチャン。
皆であの手この手で彼女を助け出す!!



そんなイイ話ぢゃないよ。
雪山舐めてました。
二駆軽の無力さを思い知りました。
陸上教室に行けませんでした。
おじいちゃんの方言を理解できませんでした。
迷惑沢山かけました。
そして人の温かさを実感しました。



助けてくれて-ありがとうございました(v^-゜)
生きてて良かった。
明日も陸上教室がむばります。
雪山は懲り懲りです。



Posted by 宮原 綾 at 22:26│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。